租税条約の免税手続

== 状況 ==
ある会社がソフトウェアの不正コピーをCheap Prom Dresses指摘されてUSAの会社に損害賠償金を支払いました。このケースの損害賠償金はソフトウェアの使用料に該当するという判例があるので、支払の際に源泉税を預かる必要があります。税務調査で、そのことを指摘されました。「今から源泉分の返金を受けることはできません。どうしたらいいでしょうか?」という相談を受けました。Wedding Guests Dresses

== 対応 ==

USAの会社に支払う源泉税は日米租税条約の規定で、免税の手続を受けることができます。租税条約の適用を受けるためにUSAの会社の代理人弁護士に「租税条約の届出書」を作成してもらい居住者証明を添付して税務署に提出しました。

zp8497586rq
カテゴリー: 事例集, 事例集 - 国際税務篇 パーマリンク