コロナ下の税理士業務

オームページの投稿も遅れてて気づいてみると数カ年。これじゃ閑古鳥が鳴きます(笑)他の会計事務所もそうかなと思いますが、コロナなどによる業績悪化、廃業、企業倒産や事業縮小、事業再編による吸収合併による解散など特殊な業務が増えてます。

コロナ下の税理士業務は「こんなもんだあ」なのかなあ。みんなで生き延びて、活気あふれる仕事ができるといいですね。それでも静かに息をして、ただ前方の砂漠に向かう、というところかな。

カテゴリー: News パーマリンク